旅ごとにフォトブックを作ってみよう。

時系列に並べていくのがコツ

旅行に出かけた時の思い出をずっと残しておきたいのなら、フォトブックにしてしまうというのも良い方法です。そこでちょっとしたコツを覚えておくと良いでしょう。
まず頭に入れておきたいのは、初心者なら旅行に出かけた際のスケジュール通りに写真を並べておくことです。なぜなら食事や観光地に行った時の写真は、慣れていない人が撮るとどうしても変わり映えがしないのです。それなのに同じ場面の写真だけでまとめてしまうと、後で見た時にどの旅館なのかなど見分けがつかなってしまうからです。
そのため一日目、二日目と分けてフォトブックを作っていき、タイトルに巡った名所などの名前を入れるといった工夫をしておきましょう。するとメリハリをつけやすくなります。

他にも知っておきたいコツ

写真を撮る時に気をつけたいのは、景色だけを収めてしまうことです。もちろん何枚かはそのような構図のものがあっても構いません。ただ、そればかりだとまるで絵葉書を買ってきたのと変わらなくなってしまいます。自分や家族を写す他にも、観光客などをあえて映り込ませることで、旅行に行った雰囲気を出せます。
中には記念にチケットやカードをフォトブックに載せる人もいるでしょう。その時はカメラで撮るのではなく、スキャンしておく方が画像がきれいです。
写真を装丁する時のコツとしては、できるだけ厚みのある紙を使用するようにしたいところです。理由はペラペラなものだと子供が見た際に破ってしまう可能性があります。それにしっかりとしたものだと、折れたり崩れたりといったことが少ないので、長期間保存するのに向いています。

© Copyright Making Photo Book. All Rights Reserved.